マナラ ホットクレンジングゲル 成分に界面活性剤は含まれている?

よく落ちるメイク落としには界面活性剤がたくさん入っているといわれています。
しかし、界面活性剤はお肌に良くないという事は常々聞いています。

そこで、芸能人などで人気のマナラホットクレンジングゲルはどうなのでしょうか?
界面活性剤は成分として使われているのでしょうか?

美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】

界面活性剤はメイク落としに必要な成分

メイク落としにはいろいろな種類がありますが.共通して含まれているのが油分と水をなじませるための界面活性剤です。
肌に悪いイメージのある界面活性剤ですが脂性の汚れを落とすためには欠かせない成分なのです。

しかし、メイク落としは、含まれる界面活性剤の量や質によって肌への負担がまるで違ってきます。
ですから、まずは、その日のメイクの濃さに合わせて上手に使い分けることが必要です。

お肌に優しいのは洗い流すクリームタイプやマナラのホットクレンジングゲルのような乳化ジュエルタイプです。
反対に最も肌を傷めるのはシート状のふき取りのタイプのものとオイルタイプのものです。

汚れ落としの力の弱いものも問題

いかに、お肌に優しいからといっても汚れ落としの弱いものは、落とすことができずに、後々お肌に残った化粧品や汚れでお肌に炎症が起きたりするので問題ですね。

マナラホットクレンジングゲルは界面活性剤の力で汚れを落とすというよりも、保湿成分が角質層をやわらかくして、肌に負担をかけずにメイクや毛穴の奥の汚れを取り除きます。
具体的には皮膚の表面を温感ゲルで温めて汚れを毛穴から浮き出して取り去るという方法です。

美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】

マナラホットクレンジングゲルは、全く界面活性剤を使ってないというわけではありませんが、お肌に負担の大きい合成界面活性剤(石油系界面活性剤)ではなく植物由来の界面活性剤が使われています。

マナラホットクレンジングゲルはお肌にはやさしい成分が使われているといえます。

マナラホットクレンジングゲルの7つの無添加

  1. 無着色
  2. 合成香料無添加
  3. 無鉱物油
  4. 石油系界面活性剤無添加
  5. エタノール無添加
  6. パラベン無添加
  7. 紫外線吸収剤無添加

これらの成分が含まれていないことにより、肌への刺激を抑えることができます。
また、90.4%が美容成分という美容液のようなお肌のケアに適したクレンジングです。

植物由来の洗浄成分が汚れをしっかり落とすので、乾燥の原因になるダブル洗顔は必要ありません。

美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】



・6種類のコラーゲン強化成分
・ハイドロキノン誘導体
・ナノカプセル技術
・7つの無添加

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る