• 2017.12.3
  • ピーリングで肌荒れや毛穴が悪化した場合どうする? はコメントを受け付けていません。

ピーリングで肌荒れや毛穴が悪化した場合どうする?

肌の荒れや、毛穴の悪化を招く恐れのあるピーリング

  • 敏感肌なのでケミカルピーリングすると余計に荒れるし治りも遅いです
  • パックやピーリングは、が弱くてできませんまた。無理してやるとそれが原因で荒れしたり荒れが悪化したりします。
  • ピーリング後に急に荒れが加速し始め今まで全然できなかった額にまで赤ニキビが大量発生、これは好転反応なのか?

ピーリングは何のため行うのでしょうか?

ピーリングで肌荒れや毛穴が悪化した場合、どうするか?お肌のターンオーバーを促進するのが角質層の古い角質を取るピーリングです。ピーリングは美肌への効果の大きなものですが、刺激が強すぎて逆にお肌の荒れや、毛穴の悪化を招くこともあります。

ピーリング以上の効果で角質を取り去りお肌のターンオーバーを促進するお肌にやさしい化粧水も開発されているのでそちらもオススメです。

 

ピーリングに変わる角質ケアのローションがあります

  • 化粧品ののり実感がなくなってきた
  • お肌の透明感がなくなってきた
  • お肌のキメが整う合わないお肌がざらつく
  • 肌にハリがなくなってきた毛穴が気になってきた

【ドクターシムラ角質ケアローションとは?】

 

ピーリングは肌の角質層を削り取ることによってお肌のターンオーバー(※)を促進してお肌をよみがえらせる方法です。

それによって新しいコラーゲンの生成を促成させてくれます。

・仕組みは角質層を削り取る治療

ピーリングのなかでも、医師が行うものを「ケミカル」ピーリングと呼びます。
化学物質によって肌の角質層を削り取る治療の方法です。この治療によって、にきび跡やクレーターは、かなり目立たなくなります。

お肌の角質層にある角質細胞をピーリングによって削り取り、肌のターンオーバーを促し、色素沈着や肌の赤みを取り除きます。また、肌の古い角質層を削り取ることによって新しいコラーゲンの生成を促成させてくれます。

しかし、て肌の角質層を削り取る治療のケミカルピーリングは、肌の表面にはかなりのダメージがあります。

しかし、肌の内部からは新しいコラーゲン物質が生まれます。
なので、治療後の紫外線対策や家庭でのスキンケアが非常に重要です。ドクターの指導のもとで行いましょう。

肌荒れや毛穴が悪化は一時的なのか?

ピーリングはお肌への刺激が強いので肌荒れや毛穴が悪化することがあります。これは一時的なものもありますが、お肌の弱い人(敏感肌の人)では、一時的ではなく本当に悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

敏感な肌の人はケミカルピーリングすると余計に荒れるし治りも遅いです。

また、肌が荒れてる時に良くしようとピーリングジェルなどの利用はしない方が良いかもしれません。
肌荒れが悪化する事も考えられます。

ピーリング 肌荒れや毛穴が悪化した場合、化粧水パックなど刺激の少ない方法でケアして上げてください。乾燥すると余計敏感になるので、夏でも保湿もしっかりしてくださいね。

症状がひどい様でしたら、一度、皮膚科や美容クリニックなどを受診されることをお勧めします。

・お肌のターンオーバーをサポートする化粧水の効果

ピーリングがお肌に合わない、肌荒れがひどくなった。毛穴が悪化した、などの症状が出た方はこちらの化粧水がオススメです。

ピーリングはもともと、角質層から古い角質を取り去って、お肌のターンオーバーを促進し新しいコラーゲンの生成する方法です。

つまり、お肌のオーバーを促進するための化粧水を使った角質除去が研究されていて大きな成果を生んでいます。

ピーリングでお肌が悪化した方にはおすすめです!!

ピーリングに変わる角質ケアのローションがあります

  • 化粧品ののり実感がなくなってきた
  • お肌の透明感がなくなってきた
  • お肌のキメが整う合わないお肌がざらつく
  • 肌にハリがなくなってきた毛穴が気になってきた

【ドクターシムラ角質ケアローションとは?】

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る