真皮層まで届く化粧品 DHC 真皮が元気だと今より5歳若い顔になる

真皮を元気にすることにより、今より5歳若い顔になる
しわもたるみも真皮を元気すれば解消する

年齢と共に深く刻まれたしわとたるみ
ともにその原因は真皮の衰えにあります。

  • 化粧品 では真皮層まで刻まれてしまったシワには対応できないのでしょうか?
  • ニキビの顔のクレーター改善に真皮層まで届く化粧品は効果はあるでしょうか?
  • 真皮層の変性が大きな要因とされるシワは、化粧品が働きかける範囲を超えている?

真皮層のコラーゲンやエラスチン減少がシワやタルミのもと

肌のハリや弾力は、真皮にあるコラーゲンやエラスチンによってキープされています。
しかし、カレーや紫外線のダメージで編成し、表情を動かすたびにシワを作ってしまうのです。

これが消えないまま繰り返され、筋肉にまで溝が及ぶと深いしわになるので注意が必要です。

シワと共に出てくるたるみの原因も基本はしわと同じ原理です。
ただタルミの場合違うのは、脂肪の多い部分に現れるということです。

真皮層の下にある脂肪も、コラーゲンやエラスチンによって支えられています。
つまり皮下組織である脂肪を、真皮が支えているということになります。

真皮層まで届く化粧品 DHCの効果

真皮層まで届く化粧品を使って真皮を元気にすることにより、今より5歳若い顔になります。
しわもたるみも真皮を元気すれば解消するのです。

コラーゲンやエラスチンの現象によって真皮が衰えると、支える力が弱まって顔はたるんでしまいます。
顔の中でたるみを感じる部分は、目の下や頬フェイスラインなど脂肪の多い部分に目立つのです。

また、必ずしもシワができてから、たるむというわけではありません。
比較的紫外線の影響が少ない太ももや二の腕の内側なども、手話はないけど弛んできます。

この原因は彼による真皮の老化現象が原因です。
40歳を過ぎた頃から女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量は徐々に減ってきます。
エストロゲンが減ると、コラーゲンが減ってエラスチンやヒアルロン酸の合成も減るので、タルミやシワが顕著に表れてくるのです。

真皮を元気にするには真皮層まで届く化粧品に含まれる
ビタミンC やB 群、レチノールやポリフェノール等の抗酸化成分が非常に有効となります。

また、それにプラスして女性ホルモンに似たたら息をする成分(大豆イソフラボンなどを配合の化粧品もしわやたるみに効果が期待できます。
このように神秘を元気にすれば今より5歳若い顔にすることも可能だといわれています。トライアルしてみましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る