• 2017.11.22
  • 肌に優しいクレンジングはジェルとクリームタイプ はコメントを受け付けていません

肌に優しいクレンジングはジェルとクリームタイプ

  • メイク落としクレンジングに悩んでいます
    肌に負担はかかるけど汚れがよく落ちるものがいいのでしょうか?
  • 肌が敏感肌なのでできるだけお肌に優しいクレンジングを探しています。
  • 肌に優しいオススメのクレンジングは

ファンデーションを使った時は、クレンジング

ファンデーションを使った時は、クレンジングが必要です。ファンデーションを使って化粧している人の場合はクレンジングと洗顔のいわゆるダブル洗顔が必要になってきます。粉おしろいだけの場合はクレンジングは必要ありません。最近のメイクアップ料は汗や水に強く崩れしにくくなった分、洗顔だけでは落ちませんので、きちんとクレンジングを行いましょう。

クレンジングには界面活性剤を配合

油性汚れであるメイクアップ料は水にはなじみません。そのため、メイクアップ料を稼ぐための脂分と水となじませるための界面活性剤を配合してあるのがクレンジング料です。

界面活性剤というと、とても肌に悪いイメージがありますがメイクアップ料を落とすためには必要なものです。界面活性剤の量や質でクレンジング料の善し悪しが決まると言っても良いのです。

肌に優しいクレンジングはジェルとクリームタイプ

最も肌に優しいのはクリームタイプクリームやジェルタイプです。オイルなどクレンジング料にはいろいろなタイプがあります。

しかし、いずれにしても、クレンジング料は日々のスキンケアアイテムの中では最も肌を傷めやすいものです。

ですから、なるべく良いものを選んで肌をいたわり努力が必要です。いろいろあるクレンジング料の中で比較的肌に優しいと言えるのは洗い流せるクリームタイプです。乳化したジェルタイプでもよいでしょう。

 

脂分を多く含むオイルタイプは刺激が強い

クリームタイプ以外のクレンジング料はどうでしょうか?
最近はオイルタイプのクレンジング料が主流ですが、これは洗浄力の強いものが多く、毎日使うと肌を傷めることがあります。

脂分を大量に含むので、メイクアップ料とのなじみが良いですが、それを落とすための界面活性剤も大量に必要になるからです。

サラサラとした液状のため肌をこすってしまいやすいものも欠点です。リキッドタイプのクレンジング料も同様で毛穴の汚れを取ろうと、オイルクレンジング料でマッサージする人がいますが、それでは洗剤で肌をマッサージするようなものですし、毛穴の汚れは外からこすっても取れません。

 

クレンジングおすすめは?

おすすめは
ミルクタイプは肌に優しいイメージで最近人気があるようですが水気が多いため、メイクアップ料とのなじみがよくありません。

結果として、落ちにくく肌をこすって痛めてしまうことがあります。

メイク係ね。だけど一応クレンジングしたいという時は良いですが、ファンデーションを使った時はあまりお勧めできません。

時間がないときでも手軽に使えるという理由で人気のシート状や拭き取るタイプのものは最も肌を痛めますと、ふき取ると刺激は肌にとても悪く毎日行うとから顔になったりシミを作ってしまうこともあります。

泡タイプでワンステップで落とすというのもありますが手軽な分、肌への負担は増えてしまいます。あーは水を含むため、メイクアップ料とのなじみが丸くなりますが、それを補うために界面活性剤が多く配合されているだけです。

クレンジングは価格や簡単さよりも質で選ぶ総合的に考えてみるとクリームタイプ・ジェルタイプが脂分も水分も多過ぎずバランスがよいということになります。

中でも適度な硬さのある上質のクリームタイプのものを選びましょう値段の安さや簡単さで選んでしまうのは現金です。

クレンジング料が少しでもあっていないと、その後にどんどんどんな良いスキンケアをしても肌は綺麗にはならないことを覚えておきましょう。

美容用語

界面活性剤とは

油と水を混ざりやすくする物質ですクリームや乳液を作るときにも用いられます。この場合は界面活性剤は乳化剤と呼ばれます。

またクレンジング料や洗顔料にも組まれていて異性の汚れを水で流すための橋渡しの役目をしています。界面活性剤は使いすぎると肌の潤いを奪うので注意が必要です。

ちなみに石鹸に含まれる洗浄成分はカス界面活性剤ではなく石鹸成分といわれています。

化粧品の添加物

化粧品の添加物について肌に悪さをする化粧品の添加物というと、防腐剤や香料と思う人が多いようですがそれらのものは特にアレルギーを起こさない限りは悪いものではありません。

卵アレルギーでない人が卵を食べても大丈夫なものと同じです。特に防腐剤は化粧品の性質上どうしても多少は必要なものです。(もちろん少ないに越したことはありません)ただし、界面活性剤は別で量が多いと誰にでも影響が出てきます。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る