• 2017.11.5
  • 「たるみ」「クマ」の見分け方・スキンケアのやり方が違う はコメントを受け付けていません

「たるみ」「クマ」の見分け方・スキンケアのやり方が違う

「たるみ」「クマ」の見分け方

  • 目の下に、クマみたいなものがあるがクマなのでしょうかたるみなのでしょうか?
  • タルミとクマではスキンケアのやり方が違う?

目の下にできる合う黒いクマは、もう細血管や細い静脈の血流の流れが悪くなってうっ血し、停滞しているために起こります。

このようにうっ血状態になってて痛いした血液は同じところに長時間とどまるため、酸素を使い果たしてしまい、青みがかった暗色になるのです。

目元の皮膚が薄いために皮膚から透けて見えるので目立つクマとなって現れてくるのです。

しかし目元にはクマのように見えてもクマではないものもあります。
それはたるみです

目の下のたるみが影となって、暗くクマのように見えてしまうこともあるのです。

「たるみ」「クマ」の見分け方

クマかタルミかを見分けるためには、目頭側の下まぶたを軽く下に引っ張ってみてくだい

こうしたときに暗い影が消える人は、シワやたるみが原因です。また、引っ張っても消えない人は本当のクマです

この方法でクマかたるみを見かけることに見分けることによって自分にどんなアイケアコスメが必要かがわかります

これを間違うと間違ったスキンケアになってしまいます。
熊をメインにケアするものとたるみやシワを解消するものでは製品の特徴も違ってくるからです。

アイケアコスメはどこまで塗るべきか

相手はコスメは上まぶた全体的に塗る人でも、下まぶたは際より少し下ぐらいまでしか塗ってない人が多いようですのです。

特に下まぶたはクマやたるみが目立つので、塗り幅を狭めては効果が半減してしまいます。

ではいったいして下まぶたがどこまであるのか?

その目安は顔は正面にして、目だけ思いっきり上を見てください。すると、目を正面にしていた時と比べものにならないほど下瞼がくっと幅広に膨らんでくるはずです

そうです、アイケアはこのくらみ部分全体に塗るべきなのです

ただし、上を見ていると自分の目の下のふくらみは見えませんから携帯カメラなどで映してチェックしてみると良いでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る