• 2017.10.22
  • 皮膚ガスの原因&対策で体臭を抑える!ショックあの女優も加齢臭とカメムシ臭 はコメントを受け付けていません。

皮膚ガスの原因&対策で体臭を抑える!ショックあの女優も加齢臭とカメムシ臭

皮膚ガスは何が原因? 皮膚ガスの対策で体臭を抑えることができる!

『世界一受けたい授業』グラドル・葉加瀬マイの体臭をが調査「加齢臭が50代男性レベルでカメムシ臭もあることが判明、、、

その原因は皮膚ガス皮膚ガスの原因を究明して対策で体臭を抑える方法とは

あなたも、知らないうちに皮膚ガスが原因で自分の体臭で人に迷惑を かけて いるかも?世界一受けたい授業で皮膚ガスの講義は関根 嘉香先生

2017年9月23日放送の『世界一受けたい授業』で紹介た、体臭のもととなっている皮膚ガスの原因&改善法と対策について

・皮膚ガスの原因&対策で体臭を抑える

2017年9月23日(土)放送の『世界一受けたい授業』がグラドル・葉加瀬マイの体臭を調査した。

番組は体臭を研究している専門家を招いて原因となる皮膚ガスを特集。

今回はグラドル・葉加瀬マイの体臭を調べて、改善方法を1週間試す。

葉加瀬の体臭を調べた専門家は「加齢臭が50代男性レベルでカメムシ臭もある」と説明。

葉加瀬は結果に落ち込み「これが放送されたらモテなくなる」と落ち込んだ。

専門家は1週間試す改善方法を「湯船に浸かって体をゴシゴシ洗わない」「汗を流す程度の運動」「体臭を抑える効果のあるシジミを食べる」と紹介。

結果が「加齢臭は少し抑えられ、カメムシ臭は30代女性の平均以下」

葉加瀬は「加齢臭はそんなに変わっていない」とコメントした

グラドル・葉加瀬マイの体臭の原因といわれる皮膚ガスとは?

そもそも、皮膚ガスとは何なのでしょうか?
皮膚から出ているガス?

皮膚からガスが出ているのはショック、、、

 

皮膚ガスとは

皮膚ガスとは
オナラなどの生体ガスの一種で300種類以上も体の表面から出ている 揮発性物質のガスの総称で呼気や腸内ガスと同様、生体ガスの一種です。皮膚ガスの一部は体臭となってしまいます。

皮膚ガスの種類や放散量は、ヒトの身体的・生理的状態、疾病の有無、生活行為や生活環境によって変化します。

やはり、皮膚からガスが出てるんですね。
その臭いが加齢臭やカメムシ臭となってるんです、、、、

・皮膚ガスの原因&対策で体臭を抑える

皮膚の表面から出ている皮膚ガスですが、何が原因となって、 どんな臭いが発生しているのでしょうか?

・主な皮膚ガスの臭いと主な原因

お酒を飲むと体臭がくさい

二日酔い人の近くにいると、口臭もさることながら、身体中から独特の臭気が漂ってくることを経験したことはありませんか?

お酒を飲むと身体からも臭い、その原因は
体内に吸収されたアルコールが肝臓でアセトアルデヒドに分解され血液中のアセトアルデヒドが皮膚から放出されるます。

なので、二日酔いでは
アセトアルデヒド特有の刺激的で青くさい臭いが生じるわけです。

疲れるとアンモニア臭が、、その原因は

筋肉が疲労すれば、乳酸とともにアンモニアが作り出されます。
そのときつくり出されたアンモニアは気化して体外に出てゆきますが、その時に皮膚ガスが発生
アンモニア臭は尿の臭いのような刺激臭ですね。

なので、疲れると尿のようなアンモニア臭がするのです。

中年男性の加齢臭の原因はいくつもある

加齢とともに変化する皮脂が原因で中年男性からはミドル脂臭(加齢臭)とよばれる臭いが発せられます。

加齢臭は加齢とともに皮脂の種類が変わり、体臭にも違いが出てくるのが原因ですが、皮脂の変化が原因なので女性でも加齢臭が起こることがありますので注意が必要です。

また、化粧品会社のマンダムが発見した“ミドル脂臭”と命名した臭いの原因成分、ジアセチルは、汗の中に含まれている菌が原因で作られます。ミドル脂臭は、まさに『中年男性の臭い』ですが、これも女性も油断できません。

皮膚ガスの原因

このように、皮膚ガスは身体的・生理的状態、疾病の有無、生活行為や生活環境によって変化し様々な体臭の原因となっているのです。

・皮膚ガスの対策で体臭を抑えるには


前述した

  • お酒を飲むと体臭がくさい
  • 疲れるとアンモニア臭がする
  • 中年男性だけでなく女性の加齢臭

などは、それぞれ対策があります

・体の内側から皮膚ガスを対策

アルコールの代謝で発生するアセトアルデヒドや疲労で発生するアンモニアはアセトンなどは、血液由来が原因なので、体内で分解・代謝を終えるまで対応はできません。

なので、これらの皮膚ガスが生み出す体臭の対策には
飲酒前にウコンを飲む、鶏胸肉など疲労回復を促進する食品を食べるなどして体の内側から対策すると完全されます。

・体の外側から皮膚ガスの対処・対策で体臭を防ぐ

一方、中年男性だけでなく女性の加齢臭の原因となる
ジアセチル(ミドル脂臭)
ノネナール(加齢臭)
吉草酸(汗臭)

などは表面由来。つまり、体の外側から対処できます。

皮膚の表面を石鹸で洗うとジアセチルの量は大幅に減ります。

加齢臭の対策には男性も女性も「風呂に入って石鹸で清潔に」という基本は外せっません。

石鹸で洗うのが難しい外出時は、市販の汗ふきシートで拭き取れば、十分にミドル脂臭を防ぐことができます。

ミドル脂臭は、後頭部やうなじの付近など、汗腺・脂腺が集中する部位に発生しやすく、加齢臭は胸や背中などの体幹部。

汗をかいた箇所を重点的にケアすることで、他人から体臭でヒンシュクを買わなくても大丈夫のはずです。

世界一受けたい授業で皮膚ガスの講義を行った関根 嘉香【せきね よしか】 先生のプロフィールはこちら

関根 嘉香【せきね よしか】 先生
あなたのニオイの原因は皮膚ガスにあった!?
いや?な体臭を減らす方法
夏にたまった疲労が原因で、秋こそいや?なニオイが出てくる!?
(秘)改善策でいや?なニオイを撃退!

1966年東京都生まれ。慶應義塾大学理工学部、同大学院理工学研究科修了。
日立化成工業株式会社に勤務。1993年東海大学大学院理学研究科にて理学博士号取得。
2000年より東海大学に勤務、2011年より教授。専門は環境化学、環境鑑識学。
室内環境学会理事、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科非常勤講師。
主な受賞歴は環境化学技術賞(日本環境化学会)、松前重義賞(学術部門)(東海大学)、室内環境学会賞・論文賞(室内環境学会)、Teaching Award(東海大学)

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る