正しい皮脂汚れの取り方 顔や鼻の皮脂 取りすぎに注意

顔や鼻の皮脂の除去を間違うとお肌のトラブルを招きます。正しい皮脂汚れの取り方とは?

顔や鼻の皮脂の取りすぎは要注意です。顔の皮脂 除去方法を間違うとお肌のトラブルを招きます。肌のうるおいを保つ「油分」の量も20代後半から減少し始めるため、30代においては「水分」と「油分」の両方の減少によって30歳をすぎると基本的に肌が乾燥に傾きやすくなるのです。

洗顔の心得を知って、正しい皮脂の取り方の知識をみにつけよう。

正しい皮脂汚れの取り方:30代 顔の皮脂は取りすぎないほうがいいのか?

皮脂の働きを知ろう。

よく皮脂は取りすぎない方がいいといいますが、

取らないと 汚れが目立って見た目が悪くなるので、この際ということもあって徹底的にゴシゴシと取ってしまう、

そうすれば、毛穴が開き、肌は乾きやすくなります。

そうなると更に、毛穴が開いたところのゴミなどの

汚れは落とすのが当然という考えの洗顔の方法が、ますます毛穴を拡げ、

結果 酸化した皮脂や油分がこびりつき、他の汚れも付着しやすくなります。

30代においては「水分」と「油分」の両方の減少によってこのようなトラブルがではじめる時なので注意が必要です。

そもそも皮脂の役割は何なのか?

皮脂の役割は

毛穴に入り込む雑菌などから水分の蒸発を防ぎ、肌を守ってくれる役割があります。

しかし、

皮脂は分泌されて、時間が経つと老化を促進してしまう物質に変化します。

これを顔の上に放置していたらお肌のトラブルが生まれるのは当たり前ですね。

ということは、顔の毛穴に詰まった脂は取らないほうがいいのではなく

取るべきなのですが

30代においては「水分」と「油分」の両方の減少傾向なのですが、やはり古くなった皮脂は正しい方法で除去しなくてはなりません。

特に30歳をすぎると、皮脂の取り方、(洗顔の仕方)を間違わないようにしなければなりません。

正しい皮脂汚れの取り方:30代の正しい顔の皮脂の除去のためには

クレンジングと並んで30代の極上肌美人が大切にしていると口をそろえるのが洗顔です。

洗顔とは余分な皮脂や汚れをしっかり落とすことです。

余分な皮脂が残ってしまうと、ニキビができたり、参加してシミやシワの原因になってしまいます。

よく皮脂はとりすぎないほうがいいと聞きますよね。

でも答えはNOです。

分泌されて、時間のたった皮脂は美肌の大敵なんです。

ただ、特に30代以降の女性では皮脂汚れの取り方(洗顔の仕方)が間違っているために

お肌のトラブルをまねく結果となってしまっているのです。


皮脂汚れ 取り方

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る