• 2017.4.2
  • 食べるだけで乾燥肌を「ぷるぷる肌」にする究極の食事レシピがこれ! はコメントを受け付けていません。

食べるだけで乾燥肌を「ぷるぷる肌」にする究極の食事レシピがこれ!

1737576 / Pixabay

肌の潤いを食事面から補給することは大切です

内面から栄養をとって乾燥肌をプルプルのお肌に変身させましょう

ビタミンや鉄分は、みずみずしい肌を保ち乾燥肌を防ぐ
究極の栄養素ってことを知っていますか?

■ビタミンA お肌のターンオーバーを調整

ビタミンAは、お肌のターンオーバーを調整して、みずみずしいお肌にしてくれる栄養素
肌の乾燥が気になる人
内面から健康的なお肌になるには
積極的に補給したい栄養素はビタミン類です。
特に肌に潤いをもたらすのはビタミンAは必須
ビタミンAはお肌のターンオーバーを調整して新しい肌が生まれるのをサポートする役目があります。
vitamin Aはレバー緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。

■鉄分 血行不良を解消にターンオーバーが乱れを防止

乾燥肌の原因の一つに血行不良があります。
乾燥肌は鉄分の不足によって代謝が悪くなりターンオーバーが乱れた結果起こる事があります。
血行を促す働きのある鉄分をとると効果的です。

■乾燥肌 対策のレシピ

大豆 玄米 ひじき など潤いをもたらす優秀食材のオンパレード

鉄分 ビタミンAで乾燥肌に効果のある究極のレシピ

大豆玄米のサラダ

(材料2人分)
ゆで大豆 100グラム
玄米      100グラム
ミニトマト10個 150グラム
サラダほうれん草 30グラム
生ハム4枚
ピーマン1個
カブ 50グラム

オリーヴ油大さじいっぱい
酢大さじ2杯
塩小さじ3分の2杯
砂糖小さじ1杯
レーズン大さじ2杯

作り方
トマトはヘタを取って四つ切りに切る。
ほうれん草はざく切りにする。
生ハムはちぎる。ピーマン株は5ミリ角に切る
大豆、玄米に調味料を加えて混ぜレーズンを加えざっくり混ぜるだけ
乾燥しがちな季節には常備しておきたいレシピ

鉄とvitamin Aで冬のお肌の乾燥を防ぐレシピ

大豆とひじきのきんぴら

(材料2人分)
ゆで大豆100グラム
ひじき大さじ4杯(戻して120グラム)
にんじん2分の1本(80グラム)
ごま油大さじ1杯

(調味料)
砂糖大さじ1杯
酒大さじ1杯
七味唐辛子少々

(作り方)
ひじきはさっと洗ってからたっぷりの水に漬けて20分おき、
水気を切る。
にんじんは太めの千切りにする。

直径24から26センチのフライパンに大さじ
1杯のごま油を熱し、
大豆、ひじき、人参を加えさっと混ぜる。

t調味料を回し入れ、2~3分炒めて
水分がなくなるまで炒め、七味唐辛子を振る

■まとめ 乾燥肌を防ぐビタミンAと鉄分

肌の潤いを食事面から補給するには、お肌のターンオーバーを調整するビタミンAとターンーバーの乱れにつながる血行不良を改善する鉄分を意識してとる。

ビタミンAと鉄分を積極的にとってプルプルのお肌を手に入れましょう。

【関連情報】

お肌の乾燥を防ぐための栄養素を食事で補給するのは難しいもの⇒そこでお試ししてほしいのがお肌の乾燥対策のトクホ食品・オルビスから発売されたディフェンセラ お得なオルビス・ディフェンセラの2週間お試し品サンプル・最安値情報はこちらです。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る