• 2017.9.2
  • 赤ら顔 洗顔方法 やってはいけない5つのこと はコメントを受け付けていません。

赤ら顔 洗顔方法 やってはいけない5つのこと

赤ら顔の洗顔方法について、更に赤く悪化させないためにやってはいけない5つの事

pixel2013 / Pixabay

赤ら顔の悩み

顔が赤くテカっていて恥ずかし
特に冬場、赤ら顔(顔が真っ赤になる)がひどいです。

ニキビ肌や赤ら顔に悩んでいる

赤ら顔で頬や小鼻まわりがひどいです。

などなど、赤ら顔で悩んでいる人は多いですね、
赤ら顔の人が注意しないといけないのが洗顔です

間違った洗顔方法は赤ら顔を悪化させてしまいます。

洗顔がまずいと
毛穴と開きと一緒に顔が赤くなって目立ってしまいます。

赤ら顔 洗顔方法でやってはいけない5つのこと

夏は全然顔が赤くならないのに冬になると
顔が赤くなり火照ってるようになってしまいます。

僕は生まれつき顔が赤く、左右の頬が真っ赤
乾燥肌で テカリもある
顔の頬や鼻などの目立つところが赤くなった状態を赤ら顔といいます
赤ら顔の顔の赤みの原因は、敏感肌や肌の炎症、血管の拡張です。

特に赤ら顔は洗顔方法を間違えると悪化するので、赤ら顔の人は洗顔には人一倍注意が必要です。

赤ら顔の人が洗顔ではやってはいけないこと

1 冷水での洗顔

よくないのは冷水を使った洗顔

赤ら顔で悩みの人皮膚が薄くなっている可能性がある肌の状態が非常に敏感

冷水で洗うと毛穴が引き締まるは間違い。
急激な冷えによって縮むだけで、化粧水などのスキンケアをしても浸透力が悪くなってゆきます。
冷水での洗顔は普通の人以上に洗顔に気をつける必要があります。

 

2 しっとりの洗顔料

赤ら顔にはお勧めできない、しっとりタイプの洗顔料
洗顔料に行っている入っている保湿成分はすすぎの時に水に流されてしまいます。
なのに、洗顔後にお肌がしっとりするのは洗顔料の油分が肌の表面に膜を張るからです。
しかし、この膜が洗顔後の化粧水や乳液などの浸透を妨げてしまいます。
そのため赤ら顔の人が、しっとりタイプの洗顔料を使うと、乾燥の原因になってしまうことがあります。

3 洗顔料の泡立てが不十分でゴシゴシ洗う

擦るほど汚れが落ちるは間違い。
これは、スキンケア全体に言えることですが、ゴシゴシ洗うのは角質を傷つけて乾燥や赤ら顔の悪化の原因になってしまう。

泡立てネットを使えば泡立ちが良い。
しかし水を使わなくても簡単にきめ細かい細かい泡ができるため注意が必要。
水が十分に含まれていないとお肌への摩擦が強まりお肌への悪影響があります。

4 お湯を使った洗顔

熱いお湯自体が、お肌に刺激になってしまい、
肌の毛細血管が開き赤ら顔がますます悪化し

お湯だと皮膚の毛細血管が拡張するので、赤ら顔が悪化する原因に
また、熱いお湯は、皮脂を落としすぎてしまい、結果、洗顔後乾燥がひどくなりやすい。

5 何度も洗う

角が洗顔は音大肌に必要な皮脂まで落としすぎてしまう。
肌に刺激を与えてしまう。
角の洗顔によって意思が少なくなると肌は乾燥しやすくなり赤ら顔の症状がひどくなることがある。

 

洗顔フォームオススメは石鹸タイプ

だから顔の人は洗顔料や洗顔石鹸を見直すだけでも症状が改善されることがあります。

洗顔料や石鹸でお肌がヒリヒリする場合何らかの成分が肌を痛めてたり、
肌を傷つけて薄く削っている可能性があります。

使用を中止しましょう。

オススメは無添加で弱酸性の洗顔料や洗顔石鹸です。
洗顔の目的は余分な汚れやると、汗や皮脂を落とし肌の水分と油分のバランスを最適な状態にすること。

肌の黒ずみやざらつきをしっかり落とすための、スクラブ入りの洗顔料、
ピーリングはできる成分が含まれた洗顔料を使うのは赤ら顔の肌に刺激を与えるため避けましょう。

赤ら顔を治すための洗顔のポイント

ぬるま湯 32度くらいでよく泡立てる

赤ら顔肌が敏感になっているので、ネットを使ってよく泡立てる
十分、ぬるま湯を使って洗顔料の濃度には気をつける。

Tゾーンから

皮脂成分の多い額や鼻などの基礎から徐々に顔全体に広げていく。
指が肌に触れて刺激を与えないように泡で汚れを落としてで行くと言うイメージである

ぬるま湯ですすぐ

冷水ですすぐのは間違い、この時も32度位のぬるま湯ですすぐのがオススメ

冷水での洗顔
冷水による刺激で急激に肌が冷え、肌の毛細血管が開き赤ら顔がますます悪化する。

必ず洗い残しをチェックしましょう,

上野生え際フェイスライン顎の下洗顔料が残りやすい場所

タオル
タオルは乾いた清潔なものを使いましょう。
ゴシゴシと擦らない

保湿
洗顔後は化粧水などでお肌を整え、乳液美容液なので保湿を行う。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る