• 2017.8.19
  • 夏太りの原因はコレだった!解消 対策にはダイエットでは難しい はコメントを受け付けていません。

夏太りの原因はコレだった!解消 対策にはダイエットでは難しい


お盆が終わったこの時期、ひょっとして、夏太りの解消に悩んではいませんか?

夏太りの原因は、部屋の環境、そしてあるものの食べすぎが原因です。
また、夏太りを解消する対策には食事制限ダイエットではダメです。

夏太りの原因と対策の関係をみてみましょう。

夏太りとは

ダイエットしていても夏休みの間に知らない間に太っている。

夏太りの原因はいったい何なのでしょうか?

またその対策として一生懸命のダイエットにも関わらず
夏太りが解消できないのはなぜなのでしょう。

  • 夏太りの原因は?
  • 夏太りの対策は?

夏の間はむしろ食欲も下がっていることも多く
どうも食べすぎで太ったわけでもなさそうです。

夏太りの原因がわかれば、
その対策も打ちようがあるというものですが

夏太りの原因

夏に太りやすい理由は?

冬と夏ではどちらが太りやすいでしょうか?

イメージ的には、薄着で暑くて汗をかく夏よりも、厚着で
家にこもって、あまり運動しない冬が太ってしまいそうな感じがします。

しかし驚くことに、逆なのです。

夏が太りやすいのです。

その原因は、エネルギーの消費が関係ししています。

夏はエネルギーの消費の関係で太りやすい

体温を維持するためにはエネルギーが必要です。

冬は体温が低くなりやすいので人はエネルギーを体温の維持のために使います。

逆に夏の期間は外気温が高く体温を維持するのが容易なので
エネルギーが消費されないために太りやすくなってしまうのです。

また、で冷房や冷たいものを多く食べると言う原因もあります。

暑いので室温を必要以上に下げがちです。

アイスクリームやカキ氷、冷たいジュースやビール
冷えたスイカなど体を冷やすものをとりやすいのも夏の期間です。

冷房の効いた環境にいたり、冷たいものをたくさん食べると
体が冷えやすくなります。

そして、冷えによってエネルギーが消費されにくくなります。

これが、夏太りの原因となっているのです。

また、冷房の効いた部屋に長時間いると
体の血流が悪くなりむくみの原因となってしまいます。

むくみによって太ったように見えることも夏ぶとりのひとつの特徴です。

夏太り対策はダイエットでは解消できない

このように、夏太りの原因はエネルギーの消費量にあります。

逆にダイエットで食事制限などをしてしまうと夏バテの原因となってもしまいかねません。

夏太りの対策にはダイエットよりも
生活環境や冷たいものを摂り過ぎないなど生活習慣を改善していくことが必要です。

冷房の効いた部屋に長時間いない

冷房の効いた部屋に長時間いると体が冷えてしまい、
エネルギーの消費がどんどん減っていきます。

まずは部屋の温度を必要以上に下げすぎないということが重要です。

これは省エネの観点でもおすすめですね。

また、オフィスワークなどで事務所にいる時間が長い人も
合間合間に月軌道に振動をして代謝の向上や冷え性の改善に努めましょう。

体を動かすことはむくみの改善にも繋がります。

また、冷房で冷え切った体は基礎代謝を落としてしまいます。

基礎代謝を上げるには筋肉や内蔵の代謝を向上させることが必要です。

適度の運動により筋肉を刺激する

内臓特に肝臓の負担を減らす

そのためには夏場に消費の多いビールの量を減らしたり
アルコールの休肝日をとったりして肝臓を休めてやることが基礎代謝の向上につながります。

以上、夏ぶとりの原因と対策についてでした。

まとめると夏太りの原因と対策は

  • 冷房や冷たい物によって体を冷やすことにする基礎代謝の低下
  • 基礎定数代謝の低下による体のむくみ

これが夏太りと言われるものの原因です。

夏太りの対策は無理なダイエットよりもまず体を冷やしすぎないということが大切です。

  • 室内温度を冷やしすぎない
  • 冷たいものを沢山摂って体を冷やしすぎ
  • 適度な筋肉の運動を実施し、基礎代謝を上げる

また、内臓、特に肝臓の機能を強化し基礎代謝を下げるためビールやお酒を控ええる
これが夏太りの原因と対策になります。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る