• 2017.8.7
  • 化粧水や化粧品の適量は?ケチケチ使う?たっぷり使うと効果が半減? はコメントを受け付けていません。

化粧水や化粧品の適量は?ケチケチ使う?たっぷり使うと効果が半減?

化粧品をつけるときによく迷うのがその量です。

化粧水はたっぷり使うべき?それとも適量で使うべき?
ケチケチ使う効果が無いのか?
それとも適量で使わない効果が半減するのかよくわかりません。

化粧水については高いのをケチケチ使うより
安いものをたっぷり使った方が良いのでしょうか?

化粧水や化粧品はたっぷり使ったほうがいいのか、
ケチケチ適量で使ったがいいのか、それらの意見の根拠が分からないので
どっちが正しいのか判断できませんとの声を良くききます。

化粧水や化粧品などのコスメは取り扱い説明書より多めにつけることはOK なのでしょうか?

化粧水や化粧品をつけるときに
その取り扱い説明書に書いてある使用量・適量に疑問を感じたことはありませんか?

よく顔全体に500円玉ぐらいが目安と書いてある化粧品が、顔全体には行き渡らない
取扱説明書の適量では乾燥する部分に十分にゆることができない

などなど、取扱説明書の量では足りないということが多くあるようです。

・化粧水や化粧品の取り扱い説明書の適量とは

この話を、ビューティーアドバイザーの方に確認してみました。
そうしたところ、化粧品の取り扱い説明書に書いてある使用料と言うのは効果を出すための適量ということです。

しかしその適量というものは、最低限のものだと考えたほうがよさそうです。
特に乾燥する部分には、もうひと塗りした方が良いようなことも多くあります。

化粧品を使う消費者の肌の性質は多種多様です。

乾燥しやすい肌の人もいれば.べたつきやすいお肌の人もいます。
なのでべたつきやすい人のお肌には極端に少なくなる可能性もあるのです。

・取扱説明書に書いてある適量は最低効果が期待できる量

なので化粧品メーカーとしては効果を出すための最低限の目安と言うものが必要になってきます。
なので、取扱説明書に書いてある適量は効果を出すための最低限の使用量と思った方が良いでしょう。

化粧水などは乾燥肌であれば適量の2倍ぐらい使っても大丈夫なはずです。

・まとめ 化粧水や化粧品は取扱説明書より多めにつけても大丈夫か?

取扱説明書に書いてある化粧品の適量は様々なお肌の性質から見て
最低限の効果が出せる使用料となっているようです。

べたつき嫌いの人が使う最低限の使用量と思ったほうがよさそうです。

逆に乾燥肌などの人は取扱説明書より多く使った方が効果が出せます。
自分のお肌の性質に合わせて量を多くしていくと良いと思われます。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る