• 2017.7.26
  • 洗顔の癖を見直してみるとT ゾーンのべたつきU ゾーンの乾燥が改善できる。 はコメントを受け付けていません

洗顔の癖を見直してみるとT ゾーンのべたつきU ゾーンの乾燥が改善できる。


Tゾーンって皮脂でテカリ 脂っぽい、ニキビなどの問題がある

Uゾーンは肌荒れ 乾燥 吹き出物ができやすく かゆい

など、同じ顔の中でもTゾーンとUゾーンって性質が違いますよね。

当然、Tゾーンは良く洗って余分な皮脂などを取り去り、Uゾーンは逆に洗いすぎの
乾燥肌や肌荒れを防ぐ必要があります。

しかし、何故かテカリ ニキビの多いTゾーンに対して洗い残し、 肌荒れ 乾燥の懸念のあるUゾーンの洗いすぎが起こるのはなぜでしょうか?

オイリーなTゾーン 乾燥・肌荒れのUゾーン

顔の中でもT ゾーンが特に油っぽくべたついたりニキビができやすいのは誰でもご存知ですね。

また、目元と頬のU ゾーンは逆に乾燥しやすいという性質を持っています。

洗顔で注意して洗っているつもりでもなぜか
T ゾーンはべたつきが残ってU ゾーンは乾燥しやすいと思っていませんか?

これには実は理由があるのです。

人は手がフィットする部分だけを洗う癖がある

なぜかというと、我々の手に問題があります。
無意識で手のひらを顔に当ててみると、ほとんどの人が目元と頬のU ゾーンを手で覆うはずです。

つまり、人の手は顔の中でフィットしやすい部分に当てようとします。

つまり、手がフィットしやすい部分ばかりを払ってしまうという癖があるのです。

そして人間とは不思議なもので、最初に洗ったところを.最後にもう一度洗う癖があるのです。

なので、乾燥しやすい目元と頬のU ゾーンは2度洗いし、べたつきやすいT ゾーンは軽く洗ってしまうということが考えられます。

だから洗顔の時には意識的にT ゾーンから洗い始めるようにすれば脂っこさも解消します。

一度洗顔の時、意識して既存から洗い始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

  • Tゾーンベタついたりニキビができやすい。
  • Uゾーンは逆に乾燥しやすい

なのでTゾーンを念入りに洗う必要があるが
何故か?Uゾーンばかり洗うことが多いのはなぜ?

洗顔の仕方毛穴が多く皮脂の脂が多いTゾーンを更にべたつきやすくしている。

また、乾燥しやすいUゾーン ザラザラしたりかゆい症状がでたりも大人ニキビができたりします。

その理由は
手はUゾーンにフィットしやすいのでUゾーンから先に洗い
また、フィットしやすいUゾーンを2度洗うという癖がある。

意識してTゾーンから洗う習慣をつけましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る