• 2017.7.23
  • ダブル洗顔不要 クレンジングは泡に注目って知ってた? はコメントを受け付けていません。

ダブル洗顔不要 クレンジングは泡に注目って知ってた?

クレンジングで面倒なのはW洗顔ですね。
汚れやメイクをクレンジングで落とした後になぜまた洗顔が必要な
のでしょうか?

  • ダブル洗顔 しないでいい方法は?
  • 時間が無いとき、深夜遅く返ってきたときW洗顔は面倒
    ダブル洗顔なしの商品は
  • W洗顔が不要とあるクレンジング剤はお肌に本当に大丈夫なのでしょうか?
  • 毛穴のポツポツ、ファンデで隠してない?

面倒な ダブル洗顔が必要な理由とダブル洗顔の意味

ダブル洗顔とは

油溶性の汚れをクレンジングで落とした後に
洗顔をして水溶性の汚れは洗顔料で落とす。

これが簡単に言うW洗顔です。

ダブル洗顔が必要なわけは?

ダブル洗顔 必要な理由は

油溶性のメイクの汚れは界面活性剤を使ったクレンジング剤で落とす。
水溶性の素肌の汚れは洗顔料でなければ落とせない。

このことから油溶性 水溶性のメイク汚れで
クレンジングや洗顔料の成分の違いによってダブル洗顔が必要となっていたのです。

ダブル洗顔不要クレンジング剤 とは

最近の水で流せるクレンジング剤には、
洗顔料と同じように、素肌の汚れも落とすように働きかけるタイプが多くなってきています。

では自分が使っているクレンジング剤が水溶性の汚れまで落とせるか?
どうやって見極めればいいのでしょうか?

毛穴のポツポツ、ファンデで隠してない?

クレンジングでダブル洗顔不要の理由は?

最近は両方できるタイプのクレンジング剤が増えてきているようです。

しかし、界面活性剤がお肌に負担があることは確かです
W洗顔不要の最適なもの見極めのポイントはあるのでしょうか?

面倒な ダブル洗顔不要 クレンジングってどうやって見極める?

ポイントはクレンジング剤の泡が泡が消えること

泡が消えると言う事は汚れを包み込んでくれているということに
着目してみるといいです。

W洗顔不要は洗顔料の泡立ちに注目

ダブル洗顔不要 おすすめのクレンジング剤は 泡に注目です。

W洗顔不要のクレンジング剤を見極めるなら

  • たっぷり泡立て最初は○
  • 最後の方まで泡が残る×

ということが言えます。

クレンジング剤 で立てた泡立ちが洗顔の時に
泡がすぐに消えるかどうかを見てみましょう。

クレンジング剤の泡の役目

クレンジング剤で水溶性の素肌の汚れをおとせるかどうかは
泡がすぐに消えるかどうかがポイントです。

泡が消えるということは、水溶性の汚れを包み込んでいる状態です。

逆に泡が消えないということは、肌に汚れが残っていないということです。

肌に汚れがないとき、クレンジングに含まれる界面活性剤は肌の
バリア機能である細胞間脂質を落としてしまうことになります。

こうなると、洗いすぎによる乾燥を引き起こしてしまう結果となります。

水で流せるクレンジング剤の上手な使い方

水ですっきり流せるクレンジング剤は洗顔料を少なく
水をたっぷりと加えて薄めにして短時間で洗うようにすると良いです。

たっぷり泡立てることに夢中になり、いつまでも消えない泡が良いということではないのです。

泡は汚れを包んで消えてこそ仕事した事になります。

まとめ ダブル洗顔不要 クレンジングは泡に注目

ダブル洗顔が必要な理由は
油性の汚れメイクと水溶性の汚れを落とすためのクレンジングや洗顔成分が異なるためです。

最近では、W 洗顔不要のクレンジング剤が出ています。

しかし、クレンジング剤に含まれる界面活性剤は
お肌に負担を与えるということで知られています。

W 洗顔不要のクレンジング剤を選ぶポイントはその泡にあります。

あわわお肌の汚れを包み込んと消えていきます。

泡が消えない状態でお肌に長くのせていると
クレンジング剤の界面活性剤がお肌のバリア機能を破壊してしまう恐れがあります。

なので、ダブル洗顔不要のクレンジング剤を選ぶポイントは
洗顔の時に泡がすぐく消える(汚れを包み込んでしまう)タイプを選ぶと良いでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る