• 2017.7.8
  • 目元ケア おすすめは?自分の皮脂って知ってた? はコメントを受け付けていません

目元ケア おすすめは?自分の皮脂って知ってた?

/ Pixabay

目元の皮膚は、顔の中でも特にデリケートな部分

・洗顔で目元をゴシゴシこするのはなぜいけないの?
・皮脂は落としすぎなのが正解?

皮脂はたまると汚れとなってお肌に悪影響を与えます
しかし、目元となるとそうでもなさそうです。

皮脂が目元のケアに最適な理由とは?

目元は、最も顔の中で重要なパーツです。
なので、お化粧にしても一番力を入れるべきところですね。

ところが、目元やお顔のケアに洗いすぎは禁物なのはご存知ですか?

顔の皮膚の角層部分は繊細

顔の皮膚の角層部分の厚さは一体どれくらいなのでしょうか?

一般的に顔の皮膚の角質層は、
食品保存用のラップフィルム位の厚さです。

厚さにして0.02ミリ程度の厚さですので
非常にデリケートなんです。

そして最も注意しないといけないのが目元の角質層です。

目元の角質層はラップフィルムより、さらに薄く、ゆで卵の薄皮程度です。

これではちょっと引っ張っただけで、ピリッと破れそうな薄さです。

なので目元は特にデリケートだと言われているのです。

しかも皮脂腺や汗腺が顔の他の部分に比べて少ないのが特徴です。

目元のクレンジングはお肌を痛めないホットクレンジングゲルがオススメ
↓    ↓    ↓    ↓


目元をゴシゴシ洗うのは厳禁

なので目元洗顔料でゴシゴシ洗ってしまうと、
皮脂が戻るのに約48時間もかかってしまうそうです。

ですから洗顔はTゾーンを中心に洗って、
目元はさっと軽く洗うだけでも充分です。

目元は洗うとすぐに乾燥してしまいます。
それは皮脂腺が少ないためです。

私たちは洗顔後に、すぐに保湿剤を持っているので、
目元の乾燥に気づかないだけです。

皮脂は自然にお肌に潤いを与える脂分です。

なので化粧品による保護よりも、自分の皮脂こそが、
1番安全に自分の皮膚を守ってくれる存在なのです。

目元はゴシゴシこするのではなく
さっと洗うことで
最高の美容液クリームである、自分の意思を大切にしましょう。

まとめ

目元の皮膚は特に薄くゆで卵の薄皮程度で非常に繊細
洗顔でゴシゴシこすると痛めてしまい回復までは約48時間もかかってしまう。

また、皮脂腺も少なく、丁寧に洗い流すと乾燥しやすい

なので、目元ケアのおすすめは

  • 洗顔で強くこすらない
  • さっと洗い流す
  • 自分の皮脂を化粧品とする

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る