唇の乾燥を治す 食べ物ってあるの?

冬は空気が乾燥して…唇の乾燥がすごく気になりますよね。笑った瞬間に唇が裂けてぱっくり、なんてことも多いのではないでしょうか。
一旦ぱっくり割れてしまうと、笑った時、しゃべった時にまた繰り返してしまうことも多いんですよね。

では、食べ物で唇の乾燥を治すことができるのでしょうか。調べてみました。

【関連記事】クリック↓
唇の乾燥を治す 方法について 加齢で唇の荒れに悩む人へ

食べ物で唇の乾燥を治すことができるのか?

唇をぷるぷるにしたい、そう考えた時に大切なのが、肌もぷるぷるにしてあげるということです。

つまり唇だけが乾燥している、という方のほうが少ないんですね。

唇と同時に肌も乾いていることがほとんどなんです。

食生活が乱れていると、肌も唇も荒れてしまいます。

まずは三食、しっかり食べるように心がけましょう。

もちろん栄養バランスを考えて食べる、ということもすごく大切です。

⇒唇の縦ジワを消すならおすすめはこれ!

食べ物で唇の乾燥にはビタミンB1

栄養素でいうと、ビタミンB1。

ビタミンB1は皮膚や粘膜の健康維持に役立つ栄養素なんですね。

なので、唇が荒れてきたな、と感じる時は、ビタミンB1を積極的に摂るように心がけましょう。

ビタミンB1を多く含む食べ物は、米などのぬかの部分や豚肉、レバーです。

野菜ではさやえんどうやかぼちゃ、とうもろこし、さつまいも、ブロッコリー、豆苗や豆類などですね。

中でもおすすめなのが豚肉です。

味的にもレバーとかと比べると…豚肉は食べやすいですからね、唇が荒れている時は豚肉!

特に豚のもも肉がおすすめです。ちなみにビタミンB1は疲労回復にも効果的なんですよ。

豚肉にしょうがをあわせてしょうが焼きにすれば◎ですね。新陳代謝も活発になります。

ビタミンB1の吸収をよくするアリシンを含むたまねぎを添えるのはもっとおすすめです。

⇒唇の縦ジワを消すならおすすめはこれ!

唇の乾燥にはサプリメントでの摂取も有効

肌にも唇にも疲労回復にもいいなんて…ビタミンB1、すごい栄養素です。

とはいっても、豚肉だけを食べていては、栄養が偏ってしまいますから。

野菜もバランスよく摂るように心がけましょう。

どうしても食べられない場合は、サプリメントでの摂取もおすすめです。

できる限り食事で摂って、足りない分はサプリメントで補う、そんな風に心がければ唇もきっとぷるぷるに潤うはずです。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る