シミ予防 シワ「たるみ」の改善に高い抗酸化クリームより効果があるものとは?

シミ予防 シワ「たるみ」を改善したい、そのように考えている女性は多いことだと思います。
このような加齢現象を改善するためには必ずしも高い化粧品が必要なのでしょうか?

最近は加齢現象を改善する抗酸化クリームなどの高価な化粧品がたくさんでています。
ここでは、高価な化粧品を使わなくてもシミ シワ「たるみ」などの加齢現象をくいとめる方法をご紹介します。

高い抗酸化クリームの効果は?

5万円の抗酸化クリームと1000円のUVカット代ではどちらが肌の若さを保つのに効果的なのでしょうか?

不況といえども、5万円前後もするアンチエイジングクリームの売上は増える一方です。

抗酸化成分をたっぷり配合してあるのでシミやシワ、たるみなどの加齢現象を改善でアしてくれるのでというのが宣伝文句です。

なのでアンチエイジングクリームにすがりつきたくなる気持ちも分からないまでもありません。

でも高いクリームを気軽に買えないから私の肌は老化してしまったと思わないでください。
しかし、その化粧品に含まれている成分にはよく注目してみる必要がありそうです。

高級クリームでもUVカット効果がなければ1本1000円程度のUVカット剤(SPF20PA++程度)の方が実は肌の老化を防ぐのには効果的なのです。

その理由は美容のプロからコメントも、もらっているようにわかると思います。

UVカット剤こそ肌の老化をくい止める手段

アンチエイジング=紫外線対策といえるほど
それだけ紫外線というのは肌の老化を促進してしまうものだからです。

UVカット剤は、紫外線を防ぐもので、今以上に肌にダメージを与えないためのものです。

すでに受けてしまったダメージをケアするのが抗酸化コスメです。
UVディフェンス=UVカット剤と積極的なダメージケアを合わせて使うのは肌にとってはベストです。

しかし、一旦受けてしまった紫外線のダメージを回復するのは容易なことではありません。

なので、まずは今以上にダメージを受けないためのUVカット剤なのです。
そこに組み合わせるのが紫外線で受けたダメージを改善する抗酸化コスメということを覚えておくほうがよろしいでしょう。

高価な抗酸化クリームと1000円のUVカット剤

あなたは、高価な抗酸化クリームと1000円のUVカット剤、どちらか1つとるとしたらどちらを選びますか?
(美容のプロに聞きました)

絶対にUVカット剤の方が肌の若さを保ちます。
1年間一生懸命美白しても、たった1日紫外線を浴びただけでメラニーはすぐに活性化してしまいます。

強い紫外線を浴びたときに発生する活性酸素は抗酸化コスメでは消去しきれません。
どちらかをとると迫られればUVカット剤をやります。

やはりUVカット剤の方です。UVカットは非常に大切です。高価じゃなくても肌に合った化粧水と乳液UVカットで防ぐことができます。

抗酸化コスメにUVカット効果がないのならUVカット剤で十分です。

UVカット剤は絶対に使用ですが、抗酸化コスメと併用して使えばより効果的ですね。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る